車によって免許が違う?

運転免許の種類は豊富です!

車を乗る時には運転免許が必要ですが、運転免許証には様々な種類があることをご存知でしょうか。まず区分については、運転免許は第一種、第二種、仮運転の3つの区分に分けられます。この中で最もメジャーな免許が第一種運転免許で、プライベートで車を運転する時に必要不可欠なものです。第一種には大型、中型、普通、大型特殊、大型二輪、原付、けん引などの複数の種類があります。一般的な乗用車を運転するのであれば普通運転免許を取得するだけでOKですが、もし大型のトラックを運転するのであれば、大型運転免許を取らなければなりません。また、第二種の運転免許は、タクシーやバスなど、業務でお客様を乗車させる時に必要となる免許です。

運転免許の取得方法について

最も取得する人が多い普通自動車免許の取得方法は、3つあります。まず1つ目は、自宅から最寄の自動車教習所に通い、必要な座学講習と技能教習を修了した上で、運転免許の試験に合格する方法です。教習所は全国各地に点在しており、最もメジャーな取得方法だと言えるかもしれません。続いて2つ目の方法は、免許合宿に参加する事です。その名の通り指定された宿泊施設に泊まりこみ、集中的に勉強し、教習を受けて運転技術を習得していきます。短期間で運転免許を取得したい方にとって、おすすめのやり方だと言えるでしょう。そして3つ目は、独学で勉強して試験を受ける方法です。費用はあまりかかりませんが、合格できる人はほとんどいません。運転免許の取得方法は教習所に通うか、免許合宿に参加するのが一般的です。