免許に関するルールとは?

試験場で適正、技能、学科の試験に合格すれば免許が取れる

車の免許を取ろうという人にとって、「一般自動車免許は満18歳から取れる」「AT限定免許を取得した場合はマニュアル車は運転できない」といったルールは常識でしょう。では、あまりよく知られていないルールにはどのようなものがあるでしょうか。まず、挙げられるのは自動車免許は自動車学校に行かなくても取得できるというものでしょう。免許を取るなら自動車学校に通うというのが常識になっているので、意外に知らない人が多いのです。
自動車免許は、運転免許試験場に行き、「適性試験」「技能試験」「学科試験」を受けてパスすれば取得できます。では、なぜ自動車学校に行く人がほとんどなのかというと、技能試験が免除されるからです。運転免許試験場で行われる技能試験は非常に難しく、合格率が低いので、直接受ける人はあまりおらず、自動車学校に行って取るのが当たり前になったというわけです。

失効してしまってもケースによっては簡単に再取得できる

免許証が失効してしまったときのルールを知っている人もあまり多くないでしょう。たとえば、更新をうっかり忘れて期限が過ぎてしまった場合はどうなるのでしょうか。この場合、失効から半年以内であれば、学科と技能試験を受けずに適性試験だけで再取得できます。また、更新期限の前後には海外にいたという風にどうしても更新できない理由があった場合、期限から半年過ぎてしまっても、三年以内であればやはり学科と技能は免除されて、適性試験だけで取得が可能です。 海外で免許を取得して日本に戻ってきた場合は、海外の免許を日本の免許に替えられるようになっています。外免切替と呼ばれる手続きで、運転免許試験場で行わなければなりません。運転技能レベルの確認が必要になることがあるからです。