車の免許取得にかかる金額とは?

短期教習で合格する予算上のメリット

自動車の免許を取るためには一定の金額が必要です。都市部の自動車教習所ではマニュアル車の免許でおおよそ30万円弱といったところでしょうか。その予算を少しでも減らすことができる道が2つあります。
1つ目の方法は、合宿の短期教習で免許を取得する方法です。その教習は、地方で行われていることが多く、集中した日程で行われ予算的にはリーズナブルな設定になっています。
地方で行われるメリットはいくつかあります。まずは、レジャー気分が味わえることです。ただ、最も大きなメリットは、都会よりも車線の数が少ない道路を実地教習で使用するため、受講生の運転にとって負担になりにくいところです。また、集中した日程なので、運転の間隔が開くことも無く、単位を落とすなどの再受講にはなりにくいことで追加料金が抑えられやすい点があります。

それでも運転が苦手な方にAT車限定の手段も

マニュアル車の運転が難しく、どうしても講習で単位を落としてしまう人もいると思います。そこで予算を少なくする2つ目の方法としてAT車限定の免許をまずは目指すことを推奨します。
AT車限定の免許とは、オートマチック車のみのれる免許をいいます。オートマチック車は、正直なところマニュアル車よりも格段に乗りやすい車です。車両感覚は、マニュアル車の動作を考えながらよりも、オートマチック車に乗ることを重ねた方が早く身につきます。
でも、マニュアル車をどうしても乗りたいという方もいるかもしれません。そういった方は、先にAT車の免許を取って限定解除(事実上マニュアル車の免許と同じにする)をする手段があります。AT車のカリキュラムは普通マニュアル車より数コマ少ないので、その分予算が安くなります。その安くなった分のお金を限定解除の講習に当てれば、マニュアル車の当初予算とほぼ同じ予算額ですむのです。